Dentistry

矯正の意味

技術が必要です。インプラントの骨移植をしようと考えている方は技術がある医師にオペをしてもらいましょう。ネットで医師探しをしよう。

矯正が必要となる歯並び

矯正とは悪い歯並びやかみ合わせを、きれいな歯並びにする治療です。きれいな歯並びにするために歯を削ったりすることはありません。 矯正装置を使い歯や顎骨に力を加えて、正しい並び、かみ合わせに直していきます。上下の歯がちゃんとかみ合わない状態、歯が不ぞろいの状態を「不正咬合」といいます。 不正咬合を放置していると食べ物がよくかめない、虫歯になりやすい、口臭の原因になる、言葉が不明瞭、歯槽膿漏になりやすい、口の中を傷つけやすいなどの障害が生じます。 矯正が必要となる不正咬合は、出っ歯、受け口、八重歯・乱ぐい歯、開咬、顎変形症などがあげられます。 矯正治療を希望する患者さんの多くは成人で9割を占めています。大人になって自分の意志で矯正を始める方がほとんどです。

不正咬合の種類と症状

出っ歯とは上の前歯が強く前に向いていたり、上の歯が全体的に前に出ている状態です。顔の怪我で前歯を折ったり口の中を傷つけることがあります。 受け口とは下の歯や顎が上の歯よりも出ている状態をいいます。前歯の上下の傾きに問題がある場合と下の顎が大きすぎることが原因で起こります。うまく食べ物をかめない、言葉が聞き取りにくいという障害が生じます。 乱ぐい歯とは歯並びが凸凹になっている状態をいいます。八重歯とは上の糸切り歯が歯並びから飛び出している状態をいいます。八重歯は日本ではかわいいといわれることがありますが、欧米ではドラキュラの歯と呼ばれ嫌われています。虫歯や歯槽膿漏の原因になります。 開咬とは咬んだ時に上下の歯がかみ合わない状態をいいます。前歯で食べ物を噛み切れない、正しい発音ができないということがあります。

注目を集めている

現在注目を集めている治療方法があります。その方法になるのが再生医療です。人間本来の再生能力を利用して治療をする方法であり、歯科でも注目を集めている治療方法です。

▸ 詳しく!

子どものために

歯科を利用することは大人でも怖いと考える人がいます。そのため、歯科は子どもに恐怖を与えないためにも子どもが気に入る工夫を行なっている歯科がたくさんあります。そのため、子どもも安心して利用することができます。

▸ 詳しく!

定期的に利用する

現在歯科を定期的に利用する人が増えています。それは。健康志向を持っている人が多く増えているためです。歯の健康を維持するためにも専門家を利用することはとても大事です。

▸ 詳しく!